なぜ見逃す???
2018 / 07 / 11 ( Wed )
 先週の日曜日に80代の母親が、幅の狭い溝に左脚がハマり、足首を捻り、翌朝、痛みとかなり腫れてきたと連絡があったが、すでに仕事の予約が入っていたので、私が連れて行けそうもない為、弟に病院へ連れて行ってもらいました。
その病院でレントゲンを撮ってもらい、骨折していないか確認してもらったらしいが、骨には異常はないとの医者の説明で、捻挫だと診断されて、痛み止めと湿布薬をもらってきていました。
翌日、電話で腫れているとは聞いていたが、実際に診てみるとかなり腫れてビックリしました。とりあえず、痛み止めを飲んで痛みはかなり引いたとのことだが、左足の腫れと浮腫みがひどいので、痛めたであろう筋肉のトリガーポイントを指圧し、熱も持っていたので、バケツに氷水を入れ、左足を冷やしました。その後、テーピングをして捻挫だけなら、4,5日でかなり腫れは引くはずだが、一週間経っても、少し痛みと腫れもあるとの事で、どうも様子がおかしいと感じ、骨に異常がないという病院の診断に疑問を持ち始めました。
母親によくよく聞いてみると、レントゲンで撮っていない角度があるという事で、別の病院の整形外科に連れて行き、状況を説明し、いろいろな角度から撮って調べてほしいとお願いしました。
結果は、左脚腓骨(細い方の骨)を骨折していました。正面から撮ったレントゲン画像も見せてもらいましたが、はっきり骨折していることが分かる画像で、これを見逃すなんてどうかしていると思いましたね。
しかも一番骨折しやすい腓骨骨折を見逃すなんて、レントゲン技師が悪いのか、診断した若い先生が見逃したのか分かりませんが、こんな初歩的な見逃しは無くしてほしいものです。もう2度とその病院に連れていくことはないでしょう。

とりあえず、骨折箇所はひどくなっている事はなさそうでしたが、3週間ほどは固定して松葉づえでの生活ですね。
スポンサーサイト
11:00:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 久しぶりのドカ灰!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://8manfight.blog22.fc2.com/tb.php/483-a130fb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |