FC2ブログ
花見2017’
2017 / 04 / 11 ( Tue )
 ここ数日、ずっと雨続きでしたが、日曜日は天気が良かったので、花見に出かけようという事になり、知覧平和公園へ行ってきました。前日まで雨だったのに桜もほとんど残っていてくれて満開に近い状態でした。
P1060531_convert_20170411105144.jpg
桜の並木通りがとてもきれいで、癒されましたね。
P1060544_convert_20170411105730.jpg
一番見頃の桜を観れて、最高に良い休日でした。
スポンサーサイト
11:08:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
入学式保護者代表あいさつ
2017 / 04 / 08 ( Sat )
 先日、娘2人がそれぞれ高校、中学の入学を迎えました。二日とも雨の中での式典となりましたが、無事に共に進学し、ホッとしております。特に中学校の入学式には、保護者代表挨拶をお願いされていたので、子供たちの記憶に少しでも残るような挨拶をしようと考えました。人前で話すのは、多少は慣れてきているつもりでいましたが、かなり緊張してしまいました。
次女の入学式では、縁があるのか小学校の時も保護者代表挨拶を行いましたが、その時よりも緊張したかなと思います。
来賓で来られていた小学校の校長先生や仲良くしている保護者からは、良かったよと声掛けしてもらい、多少ホッとしましたが、緊張しているのはみんなに伝わったみたいです。

今後、保護者代表挨拶する方の為に、私が考えたあいさつ文を掲載しますね。少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

 新入生の保護者を代表いたしまして、一言御礼のご挨拶を申し上げます。
本日はこのような素晴らしい入学式を挙行していただき、誠にありがとうございます。また、校長先生を始め諸先生方、並びに来賓の皆様には心温まるお祝いのお言葉をいただきましたことを重ねて御礼申し上げます。
私たちの子供たちは、新しくスタートする中学校生活に、夢と希望をいだいて今日、○○中学校の門をくぐりました。
 新入生のみなさん、始めは、小学校とは違った授業スタイルやそれぞれが選んで入部する部活動に戸惑い、不安をいだくこともあろうかと思います。小学校と違い、中学校の3年間はあっという間です。失敗を恐れずに何事にもチャレンジする気持ちを持ち続けてください。
 みなさんは、世の中に失敗によって作り出された物や技術がたくさんあることをご存知ですか?
例えば、本やノートなどの大事なページがわかるように貼り付ける便利な付箋紙がそうです。ある文具メーカーで強力な接着剤の研究段階の失敗作で、「よく付くが、簡単にはがれる」奇妙な接着剤が出来たことが始まりです。
最初は、誰もが失敗作だと見向きもしなかったのですが、数年後、本に挟んでいるしおりが落ちるのを防ぐのに使えるかもしれないと思いついた事で付箋紙が生まれました。その他にも抗生物質のペニシリン、ペースメーカー、ウスターソース、人工甘味料、柿の種なども元は失敗したことから生まれました。
 ある技術を開発した大学教授は、テレビ取材の「失敗もたくさんあったのではないですか?」との質問に対して、「失敗だらけです。しかし、そのたくさんの失敗があったからこそ、今の技術の成功があります。失敗した記録データは、私にとって宝の山です。」と答えていました。この教授だけでなく、世の中にまだ存在しない新薬や新商品、技術を研究している人たちは、失敗の連続だと思います。
みなさんもこれからの人生でたくさんの失敗があるかもしれません。でも、その失敗は見方を変えると別の新しい道が開けるチャンスかもしれないのです。失敗を恐れて、何もしないでいると後悔だけが残り、自分の人生の経験値も上げられず、レベルアップできないでしょう。ぜひ、いろいろな角度から物事を考えて道を切り開き、実りある中学校生活を送ってください。
 校長先生をはじめ諸先生方、地域の皆様、小学校を卒業したとはいえまだまだ未熟な子供達です。難しい思春期を迎えご迷惑をおかけする事もあるかもしれませんが、やさしく時には厳しくご指導くださいますよう心からお願い申し上げます。
また、二年生、三年生のみなさん、新一年生をやさしく見守ってくださいますようお願い致します。
 これから始まる中学校生活を通じて一人一人が、将来の夢に一歩一歩近づけるように、私達保護者もしっかりと支えていきたいと思います。
 最後になりますが本日ご臨席くださいました皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げまして、御礼の挨拶とさせていただきます。本日はありがとうございました。

 平成○○年〇月〇日
              新入生保護者代表 ○○○○

20:13:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |