食器棚のリフォーム・リモデル?!
2017 / 01 / 31 ( Tue )
 最近、キッチンの使い勝手が非常に不便に感じるようになり、20年ほど使用している食器棚を今風の電子レンジや炊飯器を収められるキッチンボードに買い替えようかと妻と話し、ニトリやナフコを観に行きました。我が家の食器棚は160㎝幅あるので、それぐらいのキッチンボードが欲しいよねと探してみたら12万以上はするので、食器棚を処分して買い替えるのをあきらめ、妻と2人でどうしたら、キッチンがもっと使い勝手が良くなるか思案しました。
 最終的に自分で食器棚をキッチンボードに改造リフォーム・リモデル(どっち?)したら、安上がりで解決するじゃんと思いつき、先日、必要な部材を買い出して、一人でリフォームしました。
DSC_0131_convert_20170131163343.jpgDSC_0134_convert_20170131163556.jpg
リフォーム・リモデル前の食器棚です。
DSC_0146_convert_20170131163451.jpgDSC_0148_convert_20170131163632.jpg
リフォーム後は、電子レンジ、炊飯器を食器棚内に収めました。もちろん炊飯器は、スライドレールで使用時には引き出せるようにしています。少しでもキッチンが明るいイメージになるように扉は白色に変更してツートンカラーを考えていましたが、妻の同系色で統一してとの意向もあり、同系色にまとめました。一番奥の棚にも扉を付けるつもりでいましたが、ロールスクリーンの方が使い勝手が良いとの妻の要望で、後日取り付ける予定です。(キッチンは奥さんのテリトリーなので、妻の意向が強いですね~。
下段の開閉しにくい引き出しや収納棚も、カンナやヤスリなどでスムーズに開閉できるように調整し、もともとあった電子レンジ台を処分できるようになり、空いたスペースにゴミ箱を移動しました。そのおかげで使用不能になっていた床下収納が使えるようになりました。リフォームにかかった費用は、1万5千円ほどで、買い替えるより安く済み、キッチンの使い勝手も良くなって100点ではないですが、かなり満足できるキッチンスペースになりました。
スポンサーサイト
17:25:05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
変わり種のドアクローザー
2017 / 01 / 24 ( Tue )
 我が家のリビングドアですが、子供たちがちゃんと閉めなかったり、勢いよく閉めてものすごい音でビックリすることがあり、閉まるときに勝手に閉めてくれるドアクロザーを取り付けようと常々考えておりました。しかし、ホームセンターなどでよく見かけるドアクローザーは、ドアをアームで引っ張るための連結部分があり、どうしても開閉時にドアが重くなる欠点があります。荷物を持っている時にドアが重くて開けづらく感じた方はいると思います!
もっと手ごろで良いドアクローザーがないかとネットで探してみると見つけてしまいました。
MURAKOSHIというメーカーのドアクロ2です。値段もホームセンターで売っている商品よりお買い得の送料込みで税込み3,000円でした。
DSC_0124_convert_20170119163452.jpg
取り付けは、他の商品と同じで型紙を切り取り、セロテープなどで取り付け位置に貼り付けます。左右開きの2通りあるので、そこを間違わなければ多少の慣れは必要かもしれませんが説明書をよく見ながら行えば大丈夫です。その型紙のビス位置にドリルで穴をあけたら、型紙を外し、本体を実際にビスで固定します。
DSC_0128_convert_20170119163529.jpg
ドアを閉めた状態と、ドアを開けた状態の違いです。
DSC_0129_convert_20170119163557.jpg
連結アームで接続されている商品と違い開閉時は、ドアが重くなることもなくとても軽いです。欠点は、柱側のドアを引き込むアームまでドアを閉めるだけの多少勢いがないとドアが閉まらない事ですかね。普通にドアを軽く押して閉めたら、ちゃんとドアを閉めてくれるし、勢いよく閉めてもそのアームが吸収してくれるので全く問題ないです。このような変わり種のドアクローザーは珍しいですが、我が家には、ぴったりマッチしました。
16:35:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日から3学期
2017 / 01 / 10 ( Tue )
 少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

普段より暦の上で、冬休みが長かったですが、今日から新学期が始まりました。
子供たちは嫌がっていましたが冬休みが終わって、私としてはホッとしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


10:37:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |