FC2ブログ
閉校式
2016 / 03 / 14 ( Mon )
 昨日、私が卒業した小学校の閉校式が行われました。閉校式には、大勢の卒業生、地元の方々、縁のある先生方が出席し、みなさん名残惜しく感じていたようです。私が卒業して40年経ち、現在、児童数が22名まで少なくなり、4月から児童は、スクールバスで市内で一番児童数の多いK小へ通うそうです。
IMG_20160313_130037704_convert_20160314113905.jpg
私が卒業してから出来た体育館で式典は行われ、現H市長も卒業生という事もあり、感極まって言葉がしばらく出ない場面もありました。これで私の卒業した5年ぐらい前に閉校した中学校に続き、小学校も閉校し、ますます寂しくなりました。
中学校跡は、建て替えられ給食センターに変わりましたが、小学校跡地は、まだ、使い道が決まっていないようです。
IMG_20160313_140559409_convert_20160314113950.jpg
IMG_20160313_141321449_convert_20160314113758.jpg
式典後の感謝のつどいでは、久しぶりに同窓生と対面し、お互いの近況を話ししたりして盛り上がりました。結構、みんな良いあんばいに年をとっていましたね。
 
式典実行委員の方々、大変お疲れ様でした
スポンサーサイト
12:10:36 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鹿児島マラソン
2016 / 03 / 07 ( Mon )
 昨日、第1回鹿児島マラソンが開催され、予定通り出場しました。天候が、降水確率70%の雨予報で着るものに悩みましたが、気温が高めだし、スタート時点で雨が降っていなかったので、半袖のランニングシャツにもう一枚長袖シャツを着て、暑くなったら腕まくりして走ればいいやと思い走りました。うれしい誤算で天気予報が見事に外れ、ほとんど雨が降ることなく、曇り空の中で、少し気温は高かったですが、とても走りやすい大会となり、服装の選択もバッチリでした。
 8年ぶりのフルマラソン参加で、朝7時20分頃に現地で、娘が通う小学校のN先生と合流するようメールでやり取りして待ち合わせ、一緒にスタートブロックに並びました。スタート前にトイレを済ませておこうと思って、トイレに向かいましたが、準備している仮設トイレには、すごい数の行列ができていたため、ドルフィンポート内のトイレに向かいました。そちらも多少並んでいましたが、ずっと人が少なくて助かりました。
N先生とは、最初は、一緒に走っていましたが、途中から自分のペースでおのおの別れて走りました。

 街中の車道を堂々と走るなんて、このような大会でないと経験する事はないので、とても良い経験でした。街中を通って10号線を姶良方面へ向かい、26キロ地点の重富で折り返すコースでしたが、その折り返し地点までがものすごく遠く感じました。折り返してN先生もそんなに離れていないで2,3分後ろを走っていてすれ違いました。
30キロ付近で、足がつりそうになってきた為、一旦走るのをやめて歩きに切り替えましたが、経験上立ち止まってストレッチや座り込んだりすると、再度、走ることがキツク感じるようになるので、絶対に立ち止まらないようにしました。走ったり、歩いたりを繰り返しながら、N先生が追いつくまで、体力回復に努めました。
32キロ時点から、N先生と話しをしながら一緒に走るようになって、1人で走るより随分、楽に走れるようになり、周りの景色を眺める余裕が出てきました。やはり、孤独に1人で走るより、話し相手がいて励ましあいながら走るのでは、大きく違いますね。最初は、4時間20分以内にはゴールしたいなと考えていましたが、それよりかなり遅れて4時間48分で、N先生と一緒にゴールしましたが、何とか無事に完走できました
1457257629244_convert_20160307103931.jpg
完走メダルと完走証ももらい、その完走証に記録タイムと別にネットタイム(4時間45分)なる時間が記載されていて、2人で 近くにいた係員の方に聞いたところ、スタート時点でスタートラインよりかなり後ろで並んでいる人たちは、号砲からスタートラインを超えるまでタイムラグあります。ネットタイムは、スタートラインを通過してからの時間という事が分かり、スッキリしました。
IMG_20160307_082511963_convert_20160307104020.jpg
目標タイムよりかなり遅れましたが、5時間以内で完走できたのは、N先生と一緒に走ったからだと思います。もし、自分1人だけだとおそらくもっと遅いタイムでゴールしていたと思います。一緒に走ってくれたN先生に感謝です
11:41:20 | マラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |