FC2ブログ
中学校体育祭
2014 / 09 / 29 ( Mon )
 日曜日にマイが通う中学校の体育祭がありました。今年は、今まで降灰が少なかった鹿児島市内でしたが、今年では一番多い降灰が、前日に降ってしまいました
よりによってこんな時に降らなくても良いのにと思いつつ、これでは、外で食事すると灰まみれになると思い体育館内の場所取りに朝早く学校へ並びました。考えることは皆さん一緒で、体育館開放20分前に学校に着いたのですが、すでに大勢の方が場所取りに並んでいました。でも何とか場所取り出来てホッと一安心でした。
P1040436_convert_20140929112024.jpgP1040433_convert_20140929111840.jpg
体育祭を行っている最中にも桜島が爆発していましたが、こちらへ飛散することもなく、風もそれほど強く吹くことがなかったので、昨年より不快に思う事はなかったです。

今年は、マイは中学校初めての体育祭でしたが、短距離走は2位でゴールし、三人四脚も2回走るなど、けっこう頑張っていました。
P1040440_convert_20140929112149.jpgP1040447_convert_20140929112258.jpg
中学生になり、部活動を始めて学校に馴染むか心配な時もありましたが、友達も大勢でき、中学校生活をエンジョイしているようで私も嬉しいです


スポンサーサイト
11:55:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
悔しいが、夢のある準優勝!
2014 / 09 / 09 ( Tue )
 錦織選手は、残念ながら決勝で自分本来の力を発揮できずにチリッチに破れてしまいました。これがグランドスラム決勝という大舞台でのプレッシャーだったのかもしれませんね
チリッチ選手のサーブや動きがよくて、さすがにフェデラーにストレートで勝っただけのことはあります。これだけ相手のサーブが良ければ、簡単にブレークはできないですよね。

 今回は、準優勝でしたが、この決勝の舞台に日本人が上がるだけでも夢のような快挙だったことは間違いありません。
長くジョコビッチ、フェデラー、ナダルの時代が続いていましたが、今年は錦織、チリッチ、ラオニッチ、ディミトロフなどの若い世代がグランドスラム4強へ進出するようになってきました。
グランドスラム優勝は、非常に厳しい世界ですが、必ず、錦織選手が、達成できることを信じてこれからも応援したいと思います。(個人的には、全仏オープン優勝が達成できる可能性が一番高いかなと思っています。)

今年のグランドスラムは終わりましたが、錦織選手にはワールドツアー・ファイナル出場、そして制覇目指して欲しいです。

錦織選手! 夢をありがとう、そしてこれからもガンバレ
11:53:43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スゴイぞ! 錦織圭
2014 / 09 / 08 ( Mon )
 錦織選手が、全米オープンで世界ランク1位のジョコビッチを3-1で破り、日本人初の決勝へ進出しました。
日本人から四大大会のファイナリストが出るなんて、私は漫画の世界でしか観たことがありません。
これは、とんでもないニュースで、昨日からテレビや新聞も大々的に報道しております。個人的には、ワウリンカよりは、ジョコビッチの方が、錦織選手は戦いやすいかなと思っていたので、勝算はあると思っていましたが、世界ランク1位を破るなんて、やっぱりすごいです
 
 決勝進出したことで、世界ランクも8位にランクアップすることが確定し、優勝しようものなら5位に大きくジャンプアップするようです。
テニスツアー大会は、大会毎に格付けがされていて上からグランドスラム(四大大会)、マスターズ1000、ATPツアー500,250があり、勝ち上がるとそのポイントが加算される仕組みになっています。男子ツアーはATPポイント、女子ツアーはWTAポイントです。テニスツアーは非常に過酷で、過去1年間のポイント累計によってランキングが決まります。ですから、前年の優勝者が、例えば、同じ大会で準優勝した場合でも、前年ポイントが失効になり、本年度分の少ないポイントが加算されるため、実質のポイント累計が減る事になります。昨年、全英オープンで優勝したマレーは、今年の同大会は、ベスト8に終わりましたので、大きくポイントを失い、3位までなっていたランキングは、現在10位に落ちています。
 だから、どんなに実績がある選手でも大怪我などで大会に1年間出場しないでいるとポイントがなくなり、ランキング圏外に落ちてしまい、ATPツアーの下部大会(チャレンジャー、フューチャーズ)や予選大会から出場しないといけなくなります。それだけテニスツアーは過酷なのです。
 ツアー最高峰の四大大会である全豪、全仏、全英、全米優勝者には、2000ポイントが加算されます。その下のマスターズ大会が優勝して1000ポイントですので、いかに大きくポイントを稼げる名誉ある大会で大きくジャンプアップできるかがわかりますね。ちなみに日本で開催される楽天オープンで優勝した場合、500ポイント加算され、錦織選手が初めてツアー優勝したデルレイビーチ国際は、ATP250の大会でした。
錦織選手は、昨年の全米オープンは、1回戦敗退でしたので殆ど失うポイントはなく、今大会ポイントが加算されるため、一気にランキングが上がります。
錦織選手は、現在の獲得ポイント2680のランキング11位ですが、現時点で準優勝でも3870ポイントになり、優勝した場合、さらに+800ポイントとなります。

 この勝利で今シーズンの年間獲得ポイントランキングも10位から5位に上がり、テニスツアー上位8名だけが出場できるツアー最終戦(ワールドツアー・ファイナル)への出場にも大きく前進しました。優勝しようものならほぼ間違いなく出場できるはずです。
 決勝の相手は、フェデラーでなく意外にもマリン・チリッチとなりました。身長198センチのビッグサーバーですが、自分のテニスさえできれば、十分に勝てる相手だと思います。
ここまできたら、ぜひ優勝して欲しいです。
もう一頑張りだ チェストいけ 錦織圭
08:44:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全米オープンで遂にベスト4!
2014 / 09 / 05 ( Fri )
 みなさんも新聞やテレビで大きく報道されているので、既にご存知だと思いますが、遂にテニスの錦織圭選手が全米オープンのベスト4まで勝ち上がってきました。日本人選手としては96年ぶりだそうで、自分のことのようにとても嬉しく思います

 右足親指にできた囊胞(のうほう)の除去手術を大会3週間前にうけて、全米出場も危ぶまれ、練習不足もあるだろうにこの快進撃には、正直ビックリですよね。大会前のインタビューでも本人も自信なげに受け答えしていたのに、1、2回戦でかなり自分の思い描いているテニスに近い動きができたことで、イケルと感じたみたいですね。
 大きな山は、やはり4回戦のラオニッチ戦だったと思います。2勝1敗で勝ち越してはいましたが、今年のウィンブルドンでは敗れていたので、リベンジできたことは非常に大きかったと思います。
 準々決勝で対戦したワウリンカは、今年の全豪オープンを制した強者で、今では珍しいバックハンドを片手で打つ選手です。でもこれが非常に強烈で、観ていて惚れ惚れするような片手打で、どこを狙っているか非常に予測しづらいです。
だから、これまでの錦織選手は、このタイプの選手は非常に苦手にしている傾向があり、バックハンド攻撃にリズムを狂わされて一度も勝てていませんでした。正直、私はワウリンカに勝つことは厳しいかなと思っていました。
錦織選手ゴメンナサイ

準決勝の相手は、世界ランク1位のジョコビッチですが、ここまで来たら決勝進出目指して、明日の試合を今までのように自分のテニスを貫き通して試合をして欲しいと願うだけです。
もうひと踏ん張りだ錦織圭、ガンバレ錦織圭
続きを読む
11:51:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |