あかつき学園の秋まつり
2008 / 08 / 30 ( Sat )
 昨日、あかつき学園(知的障害児施設)の秋まつりがあり、仕事が終わってから家族みんなで行ってみました。

 今年で2回目らしいのですが、昨年は9月に実施されたようですが、今年はちょっと早目の開催でした。
 秋祭り
舞台では、手品ショー等をやっていたし、夜店もカキ氷・フランクフルトは100円、ボンボンつり・スーパーボールすくいも100円と安くて、結構楽しめました。

でも一番良かったのは、祭りの最後にあるお楽しみ抽選会です。

その賞品が意外と良くて、高速船往復券・ガソリン券・お食事券など当たってほしい物が、たくさんありました。

 我が家は残念ながら、当たりましたが賞品は、箱ティッシュ5つでした。(当たるだけでもラッキーですよね~

嫁の職場の先生は、ラジカセが当たっていました。

こんなに良い賞品が、抽選会で出るのですから、また来年もぜひ来たい祭りです
スポンサーサイト
22:45:25 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思う事・・・!
2008 / 08 / 28 ( Thu )
 昨日、日帰りで弟の義理父の告別式へ参列する為、知覧まで行ってきた。

11年前にパーキンソン病を発症し、今まで永い闘病生活を送っていた、年齢も若く65歳でした。

弟夫婦は、7年前に結婚して子供が4人いるが、孫の顔を見せてあげられた事が、何よりの親孝行だっただろう。

弟の義理母は、11年もの永い介護生活が、ものすごく大変だったと思う。

自分自身が健康でいる事も大切だが、家族全員が健康でないと、幸せの方程式は崩れてきてしまう。

改めて健康でいる事が、幸せの一番の財産だと痛感してしまう。

実は、私が整体という仕事を選択するきっかけになったのも、実父がガンで亡くなった事である。

 実父が、末期ガンと診断された時に、当時の私は、何もしてあげられなかった。
入院している父を、毎日見舞いに行っても、何をしてあげればいいのか分からずに戸惑っていました。

今回の葬式だけでなく、葬式に参列する度に、その時の事を思い出してしまう。

 整体師として、まだまだ修行しないと行けない事が沢山あるが、少なくとも自分が目指す事があるのは、人生の生きがいとして、これ以上何も言うことはない。

 私が、今の仕事を始めてから、家族が病院に通う回数が、極端に減った。非常に嬉しい事である。

患者さん達は、辛い痛みや不快な症状を解消してほしくて来院する。

 それを解消することが、私の仕事であるが、その症状は普段の生活で、悪い習慣を改めないと、また症状は出てくるケースは非常に多い。

 その悪い生活習慣を改めるよう指導し、患者さんに気付かせてあげる事も、私にとっては大切な仕事だと思っている。

整体療術師という仕事は、そんな私にとって正に天職である。

これからも、来院した患者さんや家族の為に、日々精進し、より少ない回数で解消できるように頑張ろう。
10:45:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏休みの生活(3)
2008 / 08 / 25 ( Mon )
 昨日で北京オリンピックが閉幕しましたが、期待していた通りにメダルを取ってくれた人、残念な結果に終わった人、期待以上に結果を残してくれた人と、いろいろありましたが、テレビを見ていて結構楽しめました。

 残念だったのは、野球と男女マラソンでしたね~
野球は、ロンドン五輪では無くなるので、最後にメダルを取れなくて非常に残念でした。
この無念は、来年のWBCではらしてほしいものです。

マラソンは、野口みずき選手、大崎悟史選手は、怪我でスタートラインにも立てなかったので、本人達が一番悔しいと思いますが、他の選手も結果を残せなくて残念でした。
やはり、五輪出場のプレッシャーは、相当なものなんでしょうね~。

でも、プレッシャーを感じながらも、メダルを取ったメダリストは、本当にすごいと感心してしまいます。

 特に私が見ていて一番感動したのは、やはり女子ソフトの金メダル獲得ですかね~
あの上野投手の連投には、ビックリしてしまいました。
昨日のテレビでも言っていましたが、打たれる事をイメージしてしまうと、必ず、打たれてしまうので、抑える事だけを考えて投げたと言っていました。

やはり、プラス思考でイメージしたり、物事を考えていかないとダメなのは、何でも言える事なんですね

 オリンピックの話が、長くなってしまいましたが、鹿児島の我が家からの荷物出し作業も、何とか雨が降ったりする中、無事に終わって種子島に持って来ました。
ひとつよく分かったことは、「夏に引越しは、するものじゃない」と言うことですね。
連日、汗ビッショリになって、後片付けをしないといけないので、4月の引越しより、かなりハードに感じました。

特に20日は、疲れのピークでグッタリでした。

島に持ってきた荷物整理も大体片付いて、昨日は、娘2人をJAXA(宇宙航空研究開発機構)のイベントに連れて行きました。
残念ながら長男は、高熱が出たので、嫁と家でお留守番でした。

今回は、増田宇宙通信所でイベントがあり、万華鏡工作や水ロケット製作・打ち上げを体験しました。

万華鏡工作は、先着60名限定だったので、最初に並んで作りましたが、工作用キットが用意されていたので、とてもキレイにできました。

それが終わると、次は水ロケット製作の部屋へ一目散

水ロケット製作の部屋は、終了30分前だったので、場所が空いていて、待ち時間なしで製作に入れました。
ロケット工作
娘2人の好きな色のビニールテープでカラーリングしたり、マジックでそれぞれ好きな絵を描いたりして、30分強で2人分の水ロケットが完成

完成した水ロケットを実際に打上げる為に外の会場へ行くと、みんな楽しそうに打上げていました。
ロケット発射
打上げ順番を待っていると、先に打上げたロケットは、バランスが悪いせいか意外と飛ばなかったり、全く違う方向へ飛んで行くロケットもありました。
娘達のロケットが、うまく飛ぶかドキドキしながら、順番を待ちました。

 先に末っ子りなのロケットを飛ばす為に、打ち上げ台にセットして空気を充填して、他の2機と同時に打上げました。

 打上げは成功で、りなのロケットが一番遠くまで真っ直ぐに飛んでいきました。

りなは大喜びで走って、ロケットを取りに行きました。
ロケットは、あともう少しで100mという所まで飛んでいました。

次にまいお姉ちゃんのロケットを飛ばすと、タイミング悪く強い逆風が吹いて、あまり距離は伸びませんでしたが、真っ直ぐにやはり一番遠くまで飛びました。

まいロケットの記録は、70mちょっとでした。

もう1回ずつ打上げてみましたが、1回目に落ちた時のショックで微妙にロケットが歪んだようで、2回目は、1回目ほど距離が伸びませんでした。(残念)

でも、2人ともバルーンやオモチャもたくさんもらえて、すごく楽しかったようです。
ロケット1
家に作った水ロケット等を持ち帰ると、「僕も行きたかった。」とダダをこねるお兄ちゃんが待っていました
22:55:46 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
カルシウム不足の原因は何?
2008 / 08 / 11 ( Mon )
 夏休みも半分が過ぎてしまいました。

子供達の宿題は、計画通りに進んでいますか

うちの上2人の子供達は、8月に入ってから、嫁の実家に外泊しています。

ある程度、宿題や絵画などは、終わっているのですが、自由研究が、2人とも全く手をつけていないので、お盆過ぎに帰ってきてから、取り掛からないといけないです。

自由研究って、いろいろ調べたりしないといけないので、子供だけでは、なかなか進まないので、アドバイスしてあげるのが、とても大変です
 
 さて、本題に入りますが、今回は、私なりに調べたりして、「カルシウム不足の原因は何?」をまとめてみました。

 みなさん、カルシウムを何から、補給していますか

多分、一番多いのが牛乳だと思いますが、でも牛乳って本当に体に良いのでしょうか

これは、賛否両論あり、お医者さんでも意見が分かれている状況です。

賛成派の先生は、牛乳はカルシウムを多く含み、カゼインなど吸収がよくなる成分も入っているので、
吸収率が非常に良いと言う意見。

否定派の先生では、牛乳を飲むと逆に骨粗しょう症になると言う意見もあります。

その先生の話だと、牛乳を飲むと血中カルシウム濃度が、急激に上がり、人間の体はカルシウムが多いと判断してしまい、骨のカルシウムを逆に排出してしまうとの事です。

でも、今の日本の学校給食には、必ず、牛乳が付いていますし、牛乳好きの子供は、水が代わりに牛乳を飲み、1日で1ℓ飲む子もいるようです。
その先生の話が正しければ、今の子供たちは、骨粗しょう症が多いと言う事になってしまいます。
これには、かなり疑問を感じてしまいます。

一方、「牛乳が体に良い飲み物!」にも、私はかなり疑問を感じている所です。

私は、ここ数年は、牛乳を飲んだ事がないです。私だけでなく、うちの子供は牛乳嫌いなので、家では家族全員、牛乳を飲まないです。
牛乳を買うのは、料理でシチューやグラタンを作る時だけですかね~

 今年の6月に健康診断があったので受けましたが、その時に骨粗しょう症検査もしてもらい、骨密度を計測しました。
結果は、私の骨密度は、同年齢と比較して109%でした。
20~44歳までと比較しても108%と非常に良好でした。

牛乳を飲まなくても、野菜や魚介類・ミネラルウォーター等を十分に食べていれば、大丈夫と言うことですね

 もう少し調べてから、詳しく説明するようにしますが、現時点で「牛乳は良い飲み物ですかと質問されたら、「飲んでも骨粗しょう症になることはないですが、牛乳のカルシウムは、あまり質が良くないですとお答えします。

 みなさまの少しでも健康のお手伝いになればと思い、「カルシウム不足の原因は何?」は、当院HPに掲載しましたので、ご興味のある方は、ぜひご覧になってみて下さい 
15:00:25 | 健康 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
ちょっとブルーになる出来事・・・
2008 / 08 / 07 ( Thu )
 私は、車好きで独身の頃は、結構車をいじったりする事が好きでした。

結婚してからは、そこまで車をいじったりする時間がなくなり、あまりいじらなくなりましたが、それでも大事に乗る方だと思います。

種子島に来てから、うちの愛車は、私より嫁が通勤で使用することが多くなりました。

昨日の夕方、嫁が仕事から帰ってきて、家の前にバックで駐車する為に車庫入れしていると、ガリガリと嫌な音が、家の中まで聞こえてきました。

嫌な予感はしていましたが、嫁が家に入ってくるなり、「車を擦った」の一言。

実際に見てみると、左側前方バンパー部分に結構なスリキズが!
車
思わず、ハァーとため息が出てしまいました。

これで嫁が車をぶつけるのは、3回目です。

でも、私が車を大事にしていることを知ってるのに、素直に謝れない嫁から出た言葉は、「錆びる心配がないから、いいよね。」の言葉。

救いは、本当にバンパー箇所だった事で、錆びる心配がない事ですけど、素直に謝ってくれれば、こちらも「次は、ぶつけないように気をつけてねと、言うんですがね~

バンパーを取り替えるとつもりはないですが、傷を目立たなく補修するには、苦労するなと思う次第です。
10:36:06 | プライベート | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
もうすぐオリンピック開催!
2008 / 08 / 04 ( Mon )
昨日、甲子園で鹿実が、14-1の大勝で初戦突破した

  鹿実野球部、おめでとう  

結果的には大勝だったが、1回表の無死満塁のピンチを0点で抑えたのが、全てだと思う。

あそこで失点していたら、また違う展開になっていたかもしれない。

でもこの調子で、次は同じ九州勢だが、宮崎商にも勝って、勝ち上がってもらいたい。

高校野球も盛り上がる中、あと数日でいよいよオリンピックも開催する。

今度の北京オリンピックは、始まる前から色々な事が話題になりました。

競泳のスピード社のレーザーレーサーもその一つだが、あの水着を着用する事で、新記録を出す選手が続出するのだから、やはりすごい水着なんでしょうね~。

あるインターネットの記事では、自転車競技選手もレーザーレーサーをアンダーウェア代わりに着用し、タイム計測したら、好タイムを連発したらしいです。

一度、着用してみたい気もするが、かなり締め付けるらしいので、トップアスリートのように鍛えた人でないと息苦しくなるだけでしょうね~
トップアスリートでも多分合わない人は、意外と多いかもしれない。

競泳の日本選手も、着用できるようになって良かったと思うが、個人的な意見としては、出場する全選手が着用して、同じ条件で競い合ってほしいと思う。

もちろん日本選手にメダルを取ってもらいたいが、同じ条件の下で、誰が一番速いのかを見てみたい気持ちが強いです。

マラソン選手が北京オリンピックで履くシューズも、アシックスが開発したようですが、あのシューズも、トップアスリートだから、履きこなせるレースシューズだと思う。

もし、私のような市民ランナーが、履いて走れば、10キロ程度で足膝を痛めてしまうかもしれない。

トップアスリートのように走りこんで自分の筋肉で、ある程度足への衝撃を吸収できる人でないと、
軽量化する為に、クッション性を犠牲にしてしまっているので、足膝への負担が増えると思う。

だから、自分のレベルにあったシューズや道具選びは、非常に大切だと思う。

何はともあれ、1つでも多くメダルを取れるよう、日本選手には頑張ってほしいものです

 ガンバレ日本 
15:20:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |